海外での子育てfor real。

海外生活で起こる(かもしれない)ことや海外での子育ての(非)日常をサクッと読める記事にしてます

【子供を医者にした】日本にいると気付かない不自然な日本語①

こんにちは。だいみにです。ドイツに住んで3年目になります。

オーストラリア、カナダでも長期滞在をしました。

外国にいると、日本では気にならなかった日本語が妙に気になり始めました。

今日は日本語について書きます。

 

日本では普通によく使われているのに、外国にいるせいか私にはなんとなく耳障りな言い回しがあります。

『(自分の)子供を医者にした』

『(自分の)子供を有名大学に入れた』

どちらも主語は親です。

『(自分の)髪をショートにした』のように『自分のものをどうにかする』という意味では、子供は親のものなのでしょうか。

『子供を幼稚園に入れた』のように、子供が小さいうちはこの言い回しはありだと思います。なぜなら子供は自分で自分の生活パターンを決められませんし、親と子はまだセットで、ある意味子供は親の一部であるしかないからです。

しかし子供が成長し意思を持った個人になってからは、『親が子供をどうにかする』という言い方は利にかなっていないと思います。 

医者になるのも有名大学に行くのも、いくら立場は親の子供であっても、実際はもう大の大人。
いつまで親と一心同体なんでしょうか。

やっぱり主語は子供の方がシックリくると思います。

『子供が医者になった』

『子供が有名大学に入った』

医者になったのも有名大学に入ったのも、子供が一生懸命勉強した結果なわけですから...

少し前からよく話題に上る毒親。子供をないがしろにするという観点からすると『子供を医者にした』『子供を有名大学に入れた』というのは毒親的発想のような気がします。毒親ではないにしても、子供を自分の栄光を示す道具にしているようで嫌な感じです。

そもそも子供は医者になりたかったのか?

有名大学に入りたかったのか?


子供の人生の主語は子供にあるんじゃないのかな...

 

f:id:daimini:20201123005025p:plain